甘草抽出物(HELICOLESS)とは?

  • HELICOLESSはグリチルリチンが除去された甘草抽出物
    (deglycyrrhizinated glycyrrhiza glabra extract)で、H. pyloriを効果的に除菌し、
    胃の損傷要因から胃を保護することが試験管試験、動物実験、ヒト臨床試験で確認されました。
  • 原材料である甘草は韓国はもちろん、海外でも伝統的に胃腸(消化不良)
    及び咳の治療に使用されてきました。
  • 原料である甘草はFDA(GRAS, 1405-86-3), Health Canadaなどに収載されており、申請原料であるHELICOLESSを使用した製品も販売中です。 豪州: TGA (Therapeutic Goods Administration)にHELICOLESSが胃の健康(Stomach Health)効能を持つ原料として収載されています。(PI No. 107219, 2010.9)。
Boesnbergia Pandurata

HELICOLESSの標準化

Glabridin 28 mg/g - 44 mg/g

HELICOLESSの安全性

  • Oral Toxicity

    - 単回投与毒性 : 5000mg/kgを単回投与した後、14日間観察した結果、LD50は5000mg/kg b.w,と評価され、安定性を確認。

    - 90日反復投与毒性評価 : NOAELは1000mg/kg b.w.と評価され、安定性を確認。

  • 遺伝毒性

    - 復帰突然変異 : 突然変異を認めず。

    - 染色体異常試験 : 染色体異常を認めず。

    - 小核試験 : 小核誘導なし。

  • ヒト臨床試験 : 服用による副作用が認められず。
  • Glycyrrhiza glabraL.は韓国食品医薬品安全処の食品データベースに食用可能な原料として収載済。
  • HELICOLESSは韓国食品医薬品安全処の個別認定原料として認定(認定番号 第2014-4号)

HELICOLESSの効能

1。 胃の保護により胃の健康をサポート

HELICOLESSは胃潰瘍誘発因子に対して胃を保護する効能を持っています。これはHELICOLESSの抗酸化効果と(高いORAC Value)及び抗炎症効果(炎症反応に関与するProstagladin, Thromboxane, Leukotrieneの生成を阻害する)に起因すると推定されます。

2。H. pylori (ヘリコバクターピロリ)の胃付着抑制をサポート

HELICOLESSは抗H. pyloriの効能を持っており、これはHELICOLESSのH. pyloriのたんぱく質合成阻害及び遺伝子合成阻害
(DNA gyrase, Dihydrofolate reductase)に起因すると推定されます。

HELICOLESS의 Helicobacter pylori 억제 작용 기전

抗ヘリコバクターピロリ-抗H. pylori効果

DGLとしてHELICOLESSの特徴

浮腫、高血圧、低カリウム症など甘草の副作用の原因として知られているグリチルリチン(Glycyrrhizin)が除去された(グリチルリチン含量0.5%以下) Deglycyrrhizinated Licorice(DGL)として既存のDGLと効能及び機能成分の含量面で差別化され、少量でも効果が期待できます。

区分 Conventional DGL HELICOLESS
フラボノイド含量 非常に低い > 10%
抗酸化力 非常に低い 非常に高い
抗H. pylori 効能 ほぼ無し 優秀
動物実験用量 高用量必要 低用量で効能
臨床効能用量 1500~3000mg/日 150~300mg/日